ペット保険比較ランキング2019年版

犬猫用のペット保険を補償内容・保険料・評判から独自に比較、ランク付けして紹介しています!

ペット保険に入っていれば精神面と経済面の両方の負担が軽くなる

2017/06/19

もう亡くなって4年程経ちますが、今でも思い出しては後悔しています

飼っていたのは犬なのですが12歳にもなるとやはり調子がよくない所もでてきます。

最初は少し腎臓の数値が悪いと言われて、薬を飲ませていたのですが、まだそこまで酷い状態でもなく通院回数も少な目だったのですが、その後心臓病だという事がわかってからは辛かったです。

上り坂を嫌がるようになり、少し走ると息が荒くなる様子を見ているのも辛かったのですが、病院でかかる費用も経済的に辛かったです。

行くたびに診察やら検査やら薬とで月に大体4~5万かかっていました。

薬も毎食後に3種類だったかな?あげなければいけなかったのですが、嫌がるので好物のチーズに包んであげていました。

ただうちの犬の病気は治す薬というのがないらしくて、症状が進むのを遅らせるという類の物でしたのでずっと続く訳です。

病気の説明として突然発作がでることもあるから注意して見ていて下さいと言われていたのですが、1年くらい何もなく、初めてきた発作でそのまま亡くなってしまいました。

やれるだけの事はやったという気持ちではいますが、病院に行く準備をしている時には「またお金かかるのか・・・」と思ってしまう事も何度も有りました。

そのたびに、そんな事を思ってしまう自分が愛犬に対して申し訳なく思うし、情けなくてしょうがなかったです。

保険にちゃんと入っていればこの精神面と経済面での両方の負担が軽くなっていたのかと思うと本当に入っておけばよかったと思いますね。

もし自分の犬がずっと健康で保険に頼るようなことが無かったとしても、どこかで飼われているペットやその飼い主さんが楽になると思えば、毎月数千円の負担くらいならボランティア気分でも出せていたと思いますし。

現状ではペットを飼って幸せにしてあげられる自信も余裕も無いので飼うことは無いですが、いつかまたペットを飼う事があるならば、その時は保険には確実に入ろうと思っています。

ペット保険に未加入で後悔した体験談
ペットの種類:犬 / 保険:

-体験談