ペット保険比較ランキング2019年版

犬猫用のペット保険を補償内容・保険料・評判から独自に比較、ランク付けして紹介しています!

fpc

FPC保険の評判は?保険料・補償内容・口コミ

安くて補償も充実している人気のFPC保険




FPC保険は安くて補償が充実しているというトータルバランスに優れた保険を提供しています。

保険商品は一つのみで、シンプルで非常に分かりやすいです。

通院・入院・手術のいずれも補償対象であり、しかも補償の割合は50%ですので、決して低くは無い補償率となっています。

更に保険料の上昇率はゆるやかという、安さを求める方にはこれ以上なく持って来いの保険です。

数ある保険会社の中で、驚きの安さで充実の保険内容を実現していますが、保険会社としては比較的小さい企業ではありますので、安定などの面では少し不安があります。

また他のペット保険会社のほとんどが東京に本社を構えている中で、FPCは本社が広島である(※東京にも支社あり)というのも一つの特徴です。

次項では更にプランの詳細をご紹介いたします。

FPC保険の保険料と補償内容

FPC保険ではフリーペットほけんという商品のみ販売しております。

犬・猫ともに月々1,590円~となっており、通院、入院、手術いずれも補償の対象となっています。

通院は50%補償となっておりますので、例えば20,000円の医療費がかかった場合、10,000円が保険金として支払われます。

ただし1日当たり12,500円が支払い限度額となっていますので、もし30,000円の医療費がかかったとしても支払われるのは12,500円となります。
(また、通院補償回数は1年あたり30日までとなっていますので、ご注意下さい。)

手術や入院と比べたら比較的少額の医療費で済む通院費用ですが、変調があった際にはすぐに病院にかかりたいという場合には、やはり通院の補償があった方が安心ですよね。

愛犬・愛猫が病気をした場合、検査などでもあっという間に数万円の費用が必要となってしまいます。

通院補償がついていれば、これまで経済的な理由で通院をためらっていた方にもかなり助かります。

次に入院ですが、こちらも同じく50%補償となっています。

1度の入院につき最高125,000円まで支払われ、入院日に制限は無く、年間3入院まで補償が支払われます。

他社と比較すると入院日に限度があったり1年に1度の入院しか補償が出ないといったプランもありますので、充実の補償内容と言ってよいでしょう。

最後に手術ですが、こちらも50%補償です。
支払い限度額は100,000円、また補償は一年につき1回のみですので、他社と比較すると平均的です。

またFPC保険は保険料が安いだけでなく終身まで継続して利用できるのが特徴です。
ペット保険の中には終身まで対応していないものもあります。

愛犬・愛猫が年老いても医療はきちんと受けさせてあげたいという方には、終身まで利用できるというのは大きなメリットです。

FPC保険の申し込み方法

FPC保険は、インターネットからの申し込みと郵送での申し込みが可能です。

いずれの場合も加入条件や免責事項をよく確認してから申し込みをしましょう。

インターネットから申し込みを行った場合は、郵送での申し込みよりも一週間ほど早く補償が開始されますので、お急ぎの方はインターネットからの申し込み+クレジットカードでのお支払いがおすすめです。

郵送での申し込みの場合は、まず資料請求をし、資料と共に送付される申込書に必要事項を記載して返送するという流れになります。

安いのに補償が充実してるのはどうして?

他社と比べてリーズナブルな上に補償内容も充実しているということで、何か落とし穴があるのではと不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、FPC保険では、付加保険料(人件費・宣伝費など)を節約して安い保険料を実現しています。

無駄を省いて安さを実現している分、どうしても設立当時(2008年)は保険金請求時の対応が悪いなどの不評が相次いだようですが、2017年現在、そういった面もかなり改善されてきているようです。

とは言え、他にも知名度が低いなど保険会社としてはマイナスなポイントはあります。

安い分、対応や経営の面で不安はありますが、補償と保険料はかなり条件が良いと言えますので、とにかく安くて充実した補償を受けたいという方、また人気の保険に加入したいという方は是非FPCへの加入を検討されてはいかがでしょうか。